概要 プロフィール 作品 お問い合わせ 公演実績 作曲ご依頼 CD 公演レポート 公演情報

『 音(おん)ぶに ダ・カーポ! 』
“法男談”

〜歌詞に代えて申し上げます〜

僕達にはおおげさな曲は似つかわしくありません。眉をしかめるような突然転調も好きではありません。不協和音は夫婦仲だけで充分。つないでつないで紡いで紡いだ人生とその小品群を一枚のCDに託しました。不器用で、行ったり来たりのまぎれもなくこれが僕達の『音(おん)ぶにダ・カーポ』の世界!音楽(うた)は何よりも単純に“楽しく”なくっちゃ!単純に“悲しく”なくっちゃ........。自慢しますが、ホッとする曲(うた)ばかりです。首をかしげるような曲はないと思われます。愛らしく、子どもから大人(ご老人)までスッと入って行けます。“子どもの詩による歌”は僕達のライフワークです。ほとんどが現地で初演発表され、一部を除いて二度と歌うことのなかった、まさに秘蔵の歌の群れです。過去1000曲ほど作って発表しました。幸せなことに僕達はそれらに支えられているのです。ひとえに自分達の努力のたまものです!?単純に「ライフワーク」と言っていますが、これら1000曲に詰まったそれぞれの音=子どもに寄する想いと残像=土地の匂いさえもがあるので、みな捨て難いのはヤマヤマです。選曲は至難でした。選曲外はピアノの下で今も静かに眠っています。も一度申し上げますが、子どもから大人(ご老人)までスッと最後まで聴いてしまえる音の“海”です。.........
そう、亀は海を回遊しているのです。

歌詩はあえて載せませんでした。
そこでお願いです!作詞の“豆詩人”の姿を想像しながら聴いて下さいませ。
“どういう子”かというと、〜〜〜〜“そういう子”です。
演奏している我々の姿も合わせて想像しながら聴いて下さいませ。
“どういう二人”かというと、〜〜〜〜“こういう二人”です。
さりげなく“スッと入っていくこと”それは意外に....難しいことです。
病み、荒(すさ)んでいる昨今、このCDは健気(けなげ)に息づいています。
♪話し という歌をはじめ、“子どもの詩”を堂々とメインロードに立たせました。
愛しみ、いたわって下さいませ。

cdチラシ

CDのご購入はこちらから(アオイスタジオの販売ページに移動し別ウィンドウで開きます)


[ 会社概要 ] [ プロフィール ] [ 作品紹介 ] [ お問合せ ] [ 公演実績 ]   
[ 作曲ご依頼 ] [ CD ] [ ポートレート! ] [ 公演情報 ] [ トップページ ]